自分でやるクレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化はお金が急に必要になった時にとても便利な方法ですが、業者を通すと悪質な業者に騙されたり、思っていたほどの換金率にならなかったりなどのデメリットが存在します。
自分でできればそれに越したことはないのですが、そういった方法はあるのでしょうか。
少し考えてみましたので自分で現金化してみようという人は参考にしてください。

金券ショップを使う

まずは駅前などでおなじみの金券ショップで金券などをクレジットカードで購入し、それをさらに売るという方法で店舗型の現金化業者に近いですね。
ただ、金券は換金率の高い商品として、クレジットカード会社からもかなり注目されていますし、現金化目的ということがバレれば即カードが利用停止されることもありえます。
換金率も現金化業者と大差ない、というよりも現金化業者よりも低いところがほとんどですから、金券ショップを使うのであれば現金化業者を利用した方がいいかもしれません。

商品を転売する

次はクレジットカードで購入した商品を転売してしまおうというもの。
こちらは換金率の制限がない分、うまくすれば儲けを出すことすら出来ることが最大の魅力。
ただし、高い換金率で転売を成功させるには商品や市場に対してそれなりに知識が必要になってきますし、換金率が高い商品としてマークされているゲーム機やブランド品などはカード会社に目をつけられていますから、大量購入はすぐに現金化とバレてしまいます。
カード会社に目をつけられにくく、なおかつ換金率も高いというそんな商品に心当たりがあり、オークションやネットでの売買のノウハウを持っているという方ならこうした手段を取ることもできるでしょう。

飲み会を開いて幹事をする

最後は少しセコイと思われるかもしれませんが、絶対にばれずに安心な方法をご紹介します。
みなさん、大人になると飲み会の席も増えてくるかと思います。
そんな時は積極的に幹事を買って出ましょう。
そして、みんなからは現金で飲み会の代金を徴収し、支払いはクレジットカードで行うのです。
これであなたの手元にはみんなの飲み会代分の現金が残ることになるというわけです。
自分の飲み会代は支払う必要がありますが、現金化ができて、クレジットカード会社にも目をつけられずにポイントが貯められますし、基本的に幹事なんて面倒を背負いこみたい人はいませんので、幹事をするあなたの株も上がって一石三鳥です。
ただ、カードで払う姿はあまり見栄え良くはありませんので、事前にお金を集めて会計を済ませておくなり、途中で席を立った際に支払っておくなど工夫をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です