買取方式とキャッシュバック方式。クレジットカード現金化の仕組みを知ろう!

クレジットカード現金化には主に二つの方法で現金化ができる仕組みとなっております。
それが「買取方式」「キャッシュバック方式」です。
この方式がそれぞれどう違うのかメリットとデメリットを踏まえながら紹介をさせていただきます。

クレジットカード現金化の基本をおさらい!

クレジットカードで商品を購入し購入したことによるキャッシュバックを受けとるor購入した商品を買い取ってもらうことで現金を調達する方法です。
キャッシングとは異なるので審査も不要な上に借用履歴が信用情報機関へ残ることもありません。
利用した金額はショッピング枠で商品を購入しているのでカード会社に返済になります。
現金化した分の支払い方法も分割やリボ払い、一括などカード会社との契約通りに選べますので自分のスタイルにあった利用ができますね。

「買取方式」とは?

現金化業者が買い取りたい商品を指定するのでクレジットカードで購入します。
その商品を業者に買い取ってもらい現金化する方法です。
また、業者を通さなくても自分で高換金率な商品を購入し高く買取をしてくれる業者を探すこともできます。

メリット

  • スタッフと対面できる店舗型の店が多いため顔を見て取引ができる
  • 店舗型の業者を利用すればその場で現金を受け取ることができる

デメリット

  • ネット店舗の場合は一度購入した商品を買取してもらうために業者へ返送する必要がある
  • 購入後に買取作業をするので即日に現金化ができない可能性が高い
  • 店舗型の現金化業者の場合はそこまで足を運ぶ必要がある
  • 市場の流れにより換金率の相場が変動する可能性が高い

「キャッシュバック方式」とは?

現金化業者が用意した商品をクレジットカードで購入することで購入した商品のキャッシュバックとして即日に自分の口座へ振り込んでくれます。
インターネットで簡単に取引ができるので業者の多くがこの方式をとっております。

メリット

  • インターネットの業者に多く、商品が購入され次第すぐに対応してくれる
  • たくさんの業者の中から自分に合致する業者を探すことができる
  • ネット型の業者が多いので場所や時間を問わず自分の好きな時に利用ができる
  • 換金率は業者が決めるため常に安定している

デメリット

  • 業者の数が多いため悪質業者の数も多く存在している
  • ネット型が多いため、実際に顔を合わせて取引することができない

こう比較をしてみるとキャッシュバック方式の方がメリットは大きいですね。
買取方式は色々と手間がかかり対応している業者の数もそんなに多くはありません。
商品の選定や買取価格の高い店を探すとなると、全ての工程を自分でやらなければいけないのは面倒です。
しかも買取方式ですと商品の相場もあるので店舗によって換金率が異なる時もあります。

キャッシュバック方式は買い取るわけではないので常に安定した換金率となっております。
クレジットカード現金化を利用する業者がとちらの方式なのかよく確認してから申し込むことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です