業者を通さない分お得って本当?自分でやるクレジットカード現金化のメリットとデメリット

現金
「クレジットカード現金化」について自分でやることを検討されている方向けに自分でやるメリット・デメリットをまとめて紹介させていただきます。

自分でやるクレジットカード現金化のメリットとは?

「クレジットカード現金化を自分でする」ということは売る商品を自分で選び、売りに行くお店を自分で探すということです。
情報収集が好きな方でしたら納得がいくまで調べられるのでオススメです。
しかし多くの方はそこまでして自分で手間をかけて行いたいものでしょうか。
特にクレジットカード現金化を考えている時は急いでいることも多いでしょうから尚更時間が惜しいと思います。
もし、今すぐに現金が必要という時に隣町にあるお店の方が換金率が高かった場合、果たして時間のない中でそこまで足を運ぶでしょうか。
私なら妥協して安くてもいいので、近場で換金をしてしまいます。
もし自分でやる現金化のメリットを探すとすれば業者が介入しないため、手数料が差し引きされないのも魅力になるでしょう。

もしバレたらどうなる?自分でやるクレジット現金化のデメリットとは?

自分でやるクレジット現金化ですが、自分でやる際には非常に高いリスクが存在します。
まず、ショッピング枠を使って自分で買い物をした後、買い取ってもらえる業者も自分で探す手間がかかりますし、どの商品が還元率が高いかも調べる必要があります。
さらに、換金性が高い商品ばかり買っているとクレジットカード会社に警戒をされます。
例えば普段、全く新幹線に乗らない人が突然回数券を購入したとします。
その時点でカード会社は「おや?」と疑問に思い調査をします。
最悪カードの利用停止及び使用金額の一括清算を求められる可能性もあるので注意が必要です。
クレジットカードが利用停止になるとローンが組むことはおろか新規にカードを発行することも難しくなります。

安易に自分でやるよりは業者を通した方が安全確実に現金化ができるというのはわかっていただけたかと思いますが、業界には悪質な業者が多いことも事実。
そこで、私からは全国規模で大手優良業者として名を馳せている和光クレジットをおすすめしています。
和光クレジットならスタッフの対応も丁寧で、高換金率で素早く現金化してくれますよ。

自分でやるクレジットカード現金化は自己責任で!

今後ローンが組めなくなるというリスクを背負うより、クレジットカード会社にばれにくい現金化業者を通した方がリスクは低いです。
なぜ現金化業者を通すとクレジットカード会社にばれにくいのかと言うと、カード決済代行会社を通すためです。
これによりカードが利用停止になるリスクも低くなります。
また、自分でやる現金化では換金率の高い商品を探したり調べなければいけませんでしたが、業者がしてくれれば業者が代わりにしてくれてなおかつ即日で現金が入手できます。
商品を購入し売りに出す、この行動は業者を利用しても同じです。
業者から提供された商品をひとます購入し、その後同じ業者に買い取ってもらうだけです。
商品を自分で購入して売りに行っても価格は下がってしまうことが多いですが、現金化業者はいつでも換金率が安定しているので安心ですし、色々な業者を比較しながら検討できるのもいいところです。
それでも自分でクレジットカード現金化をする際は様々なリスクを背負うことを頭において行動をしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です