【初心者必見】クレジットカード現金化で初利用前に知っておくべき8つの心得とは

現金化で重要なポイントを示す女性

初心者が考えなしで現金化に手をだすのは危ないかも!?

今月、給与日までお金なくてヤバい…、思いがけない急な出費などがつづいて、ピンチに陥ったときにお金を得る方法としておすすめとされる現金化は審査もないし、最短10分の振り込み!返済はカード会社の引き落とし日にという甘い言葉から、勢いで現金化を利用してしまう方もいるかもしれません。

しかし、その後その考えなしの行動がトラブルを招くということもあります。
現金化を利用する前に、初心者の方に知っておいてほしい心得を8つにまとめて紹介していきます。

心得①:自分で行うよりも業者を利用した方がいい

現金化を行う方法は、自分で商品を選んでクレジットカードで商品購入、そして売るという方法と、専門業者を経由して現金化を行うという方法があります。
初心者の場合は、自分で現金化を行うと時間も手間もかかりますので、あまり手を出さない方がよいでしょう。

もしも自分でやるというならば転売形式ではなく、今すでに自分が所有している服やゲーム、パソコンなどをリサイクルショップやオークションで売る方がリスクも手間もはぶけます。
しかし、この方法は、自分の希望額に到達するまでに達するまでに時間もかかるので、はじめから希望額を得られる業者を使った方が手間も時間も早いといえます。

心得②:業者の中には悪徳業者もいる

現金化業界には、詐欺を働く悪徳業者がいるのも事実なので、初心者こそ、疑いの目を光らせてほしいです。

ネットで掲載されている換金率や口コミ、ポジティブな情報は、業者自身やアフィリエイターが書いている可能性が高いです。
ネットではネガティブな情報の方を優先して、悪徳だと思われる業者を選択肢から排除しましょう。

心得③:会社の拠点がない業者に注意

悪質業者の場合には電話をかけると、ずっと話中だったり、転送されたりというケースもあります。
このようなケースでは、だまされたと気づいたときには、電話がつながらないということになりかねないので、一度取引前に電話で確認してみた方がよいでしょう。

こちらの個人情報はいわずに換金率など電話応対もふくめて確認、取引したくないと思えば電話を切る、もしくは切られるということで危険な業者を見極められます。

また、信頼できる業者のウェブサイトならば、会社概要ページがあり会社の住所や代表者の名前、固定電話の番号まで、一般的な企業がのせているような情報をしっかりと掲載しています。

心得④:はじめては少額にしよう

初心者で注意してほしいのは、自分が返済計画をたてられないほどの高額利用をすることで、借金地獄に陥ることです。

はじめての利用は1万円くらいなど少額ではじめることで、万が一、悪徳業者の詐欺にひっかかったとしても被害が小さく済みますし、返せなくなるといった可能性も低いでしょう。

心得⑤:高い換金率に注意

現金化で業者を利用する場合、換金率98%や100%でお金を得られるということは、業者自体が運営できなくなるので、まずありえないです。
換金率はだいたい高くて90%前半~70%、ひどいところならもっと低いところもあります。そして注意してほしいのは、換金率の差額とは別に手数料を請求されることもあることです。

業者によって換金率の差額に、手数料込か別かが異なりますので、換金率だけで数字を決めつけない方がよいでしょう。

心得⑥:現金化はカード会社との関係を壊す恐れがある

世間体的に現金化は完全な法律違反とはいえないですが、法律違反にあてはめようとはあてはまることもあるというグレーゾーンの扱いです。

しかし、カード会社としては規約に違反した行為なので、完全にレッドゾーンの扱いですので、現金化をしたときの商品内容などで、カード会社にバレれば、痛いペナルティを受けることになります。

心得⑦;返済できないお金を利用しないこと

当然のことながら、現金化はクレジットカード会社にだまって借金をしているのと同じような行為なので、お金をもらったのは業者でも、カード会社に返済をすることになります。
そのときは業者の取り分や手数料といったものをふくめて自分が手に入れたお金よりも多く返済することになるので、しっかりと返済計画をたてる必要があります。

一括の返済がきびしいなら、分割やリボで返済する方法を、はじめから指定するか、のちにカード会社に連絡し返済を滞らないようにしましょう。

心得⑧:自分名義のカードを使うこと

カード名義人になりすましてカードを使用する行為は家族でも、もちろん禁止事項です。
結果として、名義人にも迷惑がかかる行為なので自分がカードをもっていないからといって、家族名義や他人名義のカードで現金化を行わないようにしましょう。

もしも、年収がないといったような原因でクレジットカードの審査が通らない人は、クレジットカードをもっている家族にサブの家族カードを自分の名義で作ってもらうという方法があります。

いかがでしたか、初めての現金化に臨まれる方はこうした心得を忘れずに利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です