マンガ家に大切なこと

一昔前のマンガ家志望者は、プロのアシスタントで修業を積むか、独学で投稿してデビューするかに限られていました。

しかし、現在はマンガの専門学校ができたことによって、専門学校に通ってマンガ家を目指す人も増えてきました。

『マンガを人に教えてもらったところでデビューできるとは限らない』と考え、独学でマンガを描き続ける人もいますが、専門学校に通って、マンガ家としてデビューしている人は存在しています。

そこで、専門学校に通うことによってどんなメリットやデメリットがあるのか、少し考えていこうと思います。

専門学校の一番のメリットは、やはり添削してくれる講師がいることでしょう。

『一から始めようにも何から始めればいいのかわからない』『絵が下手で上達する気配がない』

などと、一人でマンガを描きたいけど何をどうしたらよいのかわからないと悩む人にとって、講師は大きな助けになってくれるでしょう。

さらに、上記の初心者に限らず、独学でマンガを描いた経験がある人でも、プロの講師が教えてくれるのなら、プロが使っている技術をその場で教わることが出来ます。

たとえマンガを描けたとしても、独学で続けるのは根気がいるので、そばに背中を押してくれる講師の存在は本当に大きいものです。

他のメリットとして、専門学校では、学内コンクールを開催して、デビューのチャンスを提供している場合があります。

コンクールの審査員は、学校の講師以外にも出版社の編集者が務めることもあるので、編集者の目に留まればデビューも夢ではないでしょう。

さらに、人とのつながりを形成できるという点も専門学校のメリットと言えるでしょう。

講師はもちろん、同級生と仲良くしていると、マンガに携わる仕事に就く卒業生が多いので、将来力になってくれる可能性が大きいです。

このように、マンガの専門学校に通うことはメリットばかりです!と言いたいところですが、考え方によってはデメリットになる場合もあります。

マンガを描く技術に関しては、基礎的なことは学べても、お手本を提示されることによって、自分から何か新しい発想を生み出すのには難しくなることがあります。

また、ストーリーの起承転結からデッサンの仕方は基礎なのですが、実際にマンガを描くことで体得したほうが良い場合もあるので、専門学校に通って学校に丸投げではなく、自分で努力することも必要です。

マンガは基礎だけでは対応できず、創造性も必要となってくるので、教科書通りのやり方ばかりでは、長くは続けられないのです。

講師に教わるのは確かにとても貴重ですが、自分の考え方や描き方を見つけていかなければいけないので、マンガの技術を体得するという意味では、独学のほうが良いのかもしれません。

専門学校へ通うにしても独学で学ぶにしても、マンガ家になるためには、根気と努力が不可欠だということを忘れないでくださいね。

デビューのチャンスが溢れているマンガの専門学校

img-01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>